トップページ » 購入アドバイス

購入アドバイス

house
「夢のマイホームを手に入れたい!」
 
そう思い立ったら、貴方ならまずなにから始めますか?
 
 
「知り合いの不動産屋さんにお願いしよう!」
 
なんて方はごく少数派で、多くの方は不動産広告
(雑誌やチラシ)とにらめっこしたり、インターネットを
駆使して物件情報を検索したりと、「情報収集」に
やっきになります。
 
でも情報収集ってけっこう楽しかったりするんです
よね。(^^)
 
 
ところで情報収集をしていて気付いたことはありませんか?
 
「あれ?同じ物件なのに広告を掲載している不動産業者が違う・・・。」
 
そうなんです。
あれれ?と思われるかもしれませんが意外とけっこうあることなのです。
 
では、なぜそのような事がおこったりするのでしょうか?
 
 
house
 
一般的に多くの人が
 
「物件情報を掲載した業者」=「その物件の取扱業者」
 
このように思っているのではないでしょうか?
 
 
「この物件のお問合せ先は○○不動産だから、○○不動産に電話してみよう。」
 
そう考えるのはごく当たり前のことです。
 
 
しかし、不動産業界は一般の流通システムとは全く異なった独特のシステムになっています。
業界ではごくあたりまえのことなのですが、
 
ほとんどの不動産物件情報は業者間の間で共有されています。
 
「より早く、より確実に」不動産取引ができるように、不動産業者は加盟している「指定流通機構」に物件情報を登録するように法律で義務づけられているからです。
 
 
また、言い換えれば、「大手の不動産業者から小規模な不動産業者まで、ほとんど同じデータをもとに商売をしている」ということになります。
つまり、それぞれの不動産業者が別々の物件を取り扱っているのではなく、ほとんど同じ物件を取り扱っているという事実がそこにはあるのです。
 
求める物件は1つでも、その物件を取り扱える不動産屋さんは無数にあります。
 
 
それでは、お時間のゆるす限り「買いたい方へのアドバイス」のコーナーを読み進めてください。
読み疲れたら休憩をはさんだり、後日にでも読み進めてみてください。
 
きっと貴方のお役に立てる情報があると願って…。
 
 
>> 購入アドバイス 一覧

 

このページのトップへ