不動産アドバイザー野村の不動産豆知識ブログ
アドバイザー野村です

■Name:アドバイザー野村
■Comment:鴨池不動産代表取締役であるアドバイザー野村が、日々の出来事や不動産に関する様々なノウハウをお知らせします。鹿児島の物件情報や不動産売買に関する実話も。

 
  • カレンダー
      2013年9月
      « 7月   10月 »
       1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      30  

トップページ »
Warning: Use of undefined constant Y年n月j日(D) - assumed 'Y年n月j日(D)' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/kamoike/kamoike.co.jp/public_html/wp-content/themes/kamoike2_rotest/single.php on line 45

2013年9月6日

不動産・住宅・住まいの探し方への提案

良い物件とは居住者と相性が良い物件のことを指します。例えば都会で駅まで徒歩10分の立地で価格が安い眺望がすばらしい高層マンションでも、田舎の緑あふれる一戸建てに住みたいと考えている方には良い物件とはなりません。

現在、メディアが発達しインターネットや雑誌、さらには折り込みチラシなど様々な方法で簡単に物件情報が手に入ります。以前のように何件も不動産の会社を回らなくてもよくなりました。
逆にたくさんある情報に振り回される時代にもなりました。運よく良い物件に巡り合うこともあるでしょう。しかし全ての人がそうとは限りません。

不動産情報の情報収集の前にしなければならないことが2つあります。

1. 自分達の希望を整理する。
駅やお店にどれくらい近いほうがいいのか、一戸建てがいいのかマンションタイプがいいのかなど希望する条件を生活スタイルなどから整理しまとめます。自分達の頭だけで考えるだけでなく、家族と話し合い、希望する条件も整理し、まとめ、優先順位を決めたほうがいいでしょう。

2. 自分達の状況を把握する。
自己資金や住宅ローンなどの購入する為の資金はもちろん、購入後の家計、家族のこと、購入時期など自分達の状況をしっかり把握することが大事です。購入してもその後に不幸になってしまったら面白くありません。

条件を整え、資金計画や購入時期などが決まってから不動産情報を集め、絞っていきます。
条件に合う物件をリストアップする方法もいいでしょう。しかし、膨大な情報がある現代ではその方法よりも合わない物件を削っていく方法のほうがいいでしょう。

こういった物件の情報を選ぶことまでは自分達自身でもできます。しかし、プロと一緒に条件の整理や状況確認をすることで感情の入ってない第三者の目線からアドバイスをもらえます。自分達だけで物件を探すよりも、より条件にあった物件にたどり着けます。

また、対話を大事にする会社や担当者の方のほうが親身になってくれるのでおすすめです。

コメント&トラックバック

トラックバックURL: https://www.kamoike.co.jp/2013/09/06/teian/trackback/