トップページ » 購入アドバイス 一覧 »  ・アドバイス2. 住まい探しよりも大事な業者選び

 ・アドバイス2. 住まい探しよりも大事な業者選び

アドバイス1で、なぜ、不動産業者が他社の物件情報をすすんで紹介する(どの物件情報でも取り扱う)のかを説明しました。
不動産業界のちょっとした仕組みが垣間見えたのではないでしょうか?

さて、このアドバイス2で抑えておきたいことは

物件情報が同じ(共有化)だから、
「どの不動産屋でも同じ物件を取り扱える」=「不動産会社はどこでもいい」

という考え方は望ましくないということです。

正直申しまして、「マイホーム探し」よりも「信頼のおける不動産屋さん探し」の方が重要だとも言えます。

どうして業者選びがそんなに重要なのか?説明しましょう。

************************************************

(1)、不動産業者でも得意分野は異なる

etefuete.gif
不動産業者は大きく2つのタイプに分けられます。
不動産「売買」に力を入れている業者。または「賃貸」に力を入れている業者。
まず、仲介をお願いしようと思う不動産屋さんが、どちらのタイプか見定めなければなりません。
「売買」には売買業務に必要な専門知識やノウハウがありますし、「賃貸」には賃貸業務に必要な専門知識やノウハウがあります。
仮に「テレビCMでもおなじみだから大手の○○会社にお願いしよう。」と思っても、その会社が「賃貸メイン」のサービスが主であるならどうでしょう?いくら大手不動産会社の営業マンが担当してくれても、その営業マンが勤続年数の長い賃貸業務のスペシャリストだとしても、「売買業務」に関する知識や経験が乏しければ素人同然だということです。
お分かりですよね?一生に一度のビッグな買い物を、素人同士ですすめていくことの危うさ。
のちのちのトラブルにならないように、不動産業者の得意分野を見定めてくださいね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(2)、仲介手数料の考え方もさまざま。

不動産の仲介手数料の上限は法律によって定められています。
アドバイス1のコーナーで「売主」「買主」の両方から手数料を頂ける場合もありえるとお話しましたが、ちょっとこういうケースの場合を考えてみましょう。
不動産屋さんの紹介で、ハウスメーカーや工務店さんの建てた新築建売物件や新築マンションを購入する場合、仲介手数料はどうなるでしょう?
普通に考えたら「紹介してくれた不動産屋さんに紹介手数料を払う」と考えがちですよね。
しかし、もしもその新築物件を不動産屋さんの仲介なしに、直接ハウスメーカーさんやデベロッパーさんと契約したとしたらどうでしょう?
そこにはもちろん仲介手数料は発生しません。
おやおや?なんだか不動産屋さんに払う仲介手数料がもったいない(損している)気分になりませんか?
ちなみに、このような新築建売の場合、私たち鴨池不動産はお客様(購入者)から仲介手数料は戴かないようにしています。
別にボランティアで物件紹介するわけではないですよ?
ちゃんとお客様を紹介したことにより、建築主から手数料をいただけるようになっているからです。
私たちのように、おそらくその他の不動産屋さんもそのようにお客様負担がかからないように心がけていると思うのですが、やはり中には「正当な権利」としてお客様からも手数料を頂戴する業者さんもいらっしゃるようです。
futantigai.gif同じ物件を購入するのに手数料の負担額が違うという現実。業者選びを軽んじることは、損する原因にもなりえます。
また、同じ物件でも不動産屋さんと売主又は建築主との交渉力によって最終物件価格も変ってきます。そのへんもお忘れなく。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(3)、その会社の営業方針によって、お客様は振り回されてしまう</p>

lockon.gif会社によっては、不動産会社の営業マンは軍隊のような営業教育を受けます。ノルマ達成のために、しつこいと思われても果敢にアタックする。そんなことは当たり前です。そもそも、不動産のような高額物件を買いたいなんてお客様が、毎日毎日沸いてくるわけではありません。しつこい営業マンに「ロック・オン」されたお客様は、撃墜されるまで電話やクロージング攻撃を受けることになります。なんだか怖いですね。

お客様はというと、「なんだかこの営業さんも一生懸命だし、契約してあげないと気の毒かな…?」なんて思ったりしてつい契約なんて話も良く聞きます。そして「やっぱり満足できない住まいだな…」なんて後悔をしてらっしゃいます。
う~~~ん、そんな「気の毒だ…」なんて気持ちでマイホームを契約してはいけません!
だいたい営業マンが熱心なのは、自分の成績を上げるためであり、会社のためであります。
不動産業の営業マンがすべてそうだと言っているわけではないですよ。熱心にお客様のために動く営業マンも当然います。
ただ、営業マンやその会社の都合で、大事な一生の契約を簡単に考えてはいけないと言いたいのです。
「この業者ひつこいな…」と感じたら、おもいきってその業者から離れましょう。
そもそも楽しいはずの住まい探しが、ストレスを重なる住まい探しになるようなら、良い物件にもめぐり合えないし、良いお付き合いもできないものと思ってください。

>> アドバイス3. ご存知ですか?バイヤーズエージェント

 

このページのトップへ